Tech Day 2018

「新機能を中心としたデモが多く大変良かった」など、参加者満足度 95% 以上と昨年高いご評価の声をいただいた「VMware Tech Day ~vSphere 6.5編~」が、2018年、コンテンツをリニューアルし、「VMware Tech Day ~vSphere から始まるクラウドの世界を学ぶ~」として開催いたします!

VMware Tech Day は1日の技術セミナーで、認定教育コースから抜粋した内容をトレーニング講師が実施します。
VMware vSphere を使用されているユーザー企業・団体の方を対象に、vSphere最新バージョンの基本機能や、新バージョン機能を使いこなすためのノウハウはもちろん、ストレージ仮想化、ネットワーク仮想化、運用管理や自動化を交えて解説し、仮想化・クラウドの実装による利便性向上とその適応範囲を拡大いただくことを目的としております。

ご受講の流れ

オンライン講座受講
お申し込みの前に、
オンライン講座をご覧下さい。

・「Tech Day 2018:オンライン講座:vSphere の可用性について」
※既にご存知の方は受講を省略いただけます。
お申し込み
ご登録時に、オンライン講座に関する設問を
2 問出題します。

お申し込み確認自動応答のEメールに、
頂いたご回答と正解を記載いたします。
※ご不明な場合は、オンライン講座にお戻り下さい。

オンライン講座

セミナーお申し込みの前に、セミナーの前提知識となる、 以下オンライン講座 の受講をお願いしております。

※既にご存じの場合は受講を省略いただけます。
※本セミナー登録フォームには、オンライン講座の受講を確認する質問項目が2問ございます。

オンライン講座:
「Tech Day 2018:オンライン講座:vSphere の可用性について」(32分12秒)

開催概要

開催地 日程 会場 定員
東 京 7/3(火)

ヴイエムウェア株式会社 東京オフィス 13F セミナールーム1

40名
大 阪 7/5(木) 第二吉本ビルディング貸会議室 会議室A+B 60名
名古屋 7/10(火) ミッドランドホール 会議室A 48名



開催時間

東京開催:10:00~17:15(受付開始 9:45)
大阪・名古屋開催:10:00~17:00(受付開始 9:45)

参加費 無料(事前登録制)
主 催 ヴイエムウェア株式会社
対 象 VMware vSphere 6.5 環境の構築、運用、保守などを行うユーザー企業・団体に所属されている技術者の方
※本セミナーはVCP取得コースの抜粋となるため、VCP資格を取得している方は既知の内容になります。
※ユーザー企業・団体の方に限定させていただきます。パートナー企業・販売する立場・競合企業に該当する方からのお申し込みはお断りさせていただく場合があります。あらかじめご了承ください。


セッション概要

10:00~12:00 ご挨拶 1. vSphereの新機能 vSphere の最新バージョンの新機能ならびに強化された機能を、vSphere What’s New コースから抜粋してご紹介します。
2. 仮想化基盤とリソース管理 仮想化基盤の核をなすESXiのアーキテクチャや、メモリやネットワークI/Oなどを中心としたリソース管理について、vSphere ICM (Install, Configuration, Manage)コース、Optimize & Scaleコースより抜粋して解説します。
12:00~12:45 昼食休憩 -お弁当をご用意致します
12:45~13:45 3. vSAN:vSphereに最適なストレージ vSphereに最適なストレージである vSANについて、そのアーキテクチャを概説し、パフォーマンス、可用性、拡張性など性能面を中心にvSANのトレーニングコースより抜粋して解説します。
13:45~14:00 休憩
14:00~15:30 4. 仮想化からSDDCへ サーバ、ストレージ、ネットワークの各要素を仮想化し、全てソフトウェア化して統合するとSDDC (Software-Defined Data Center)
となります。SDDC化すると、ITインフラはどのように変わるのかをご紹介します。
5. ネットワーク仮想化とマイクロセグメンテーション ネットワークを仮想化するとこれまで実現が困難だったことが可能になります。大きな利点の一つはファイアウォールの適用単位を最小化できることです。このマイクロセグメンテーション機能を中心に、ネットワーク仮想化の概要をNSXのICMコースより抜粋してご紹介します。
15:30~15:45 休憩
15:45~16:50 6. 統合管理を実現するvRealize 仮想化環境の運用管理は、物理システムの運用管理と異なります。仮想化環境だからこそ着目が必要な管理手法と、仮想化の価値を最大限活かす運用方法をvRealizeの各種製品トレーニングコースより抜粋してご紹介します。
16:50~17:10 有償サポート(MCS/BCS)と有償サービス(PSO)の紹介
17:10~17:15 アンケート抽選会
10:00~10:55 ご挨拶 1. vSphereの新機能 vSphere の最新バージョンの新機能ならびに強化された機能を、vSphere What’s New コースから抜粋してご紹介します。
10:55~12:00 2. 仮想化基盤とリソース管理 Part 1 仮想化基盤の核をなす ESXi のアーキテクチャや、メモリやネットワーク I/O などを中心としたリソース管理について、vSphere ICM (Install, Configuration, Manage)コース、Optimize & Scaleコースより抜粋して解説します。
12:00~12:45 昼食休憩 -お弁当をご用意致します
12:45~13:35 2. 仮想化基盤とリソース管理 Part 2
13:35~13:50 休憩
13:50~14:50 3. vSAN:vSphereに最適なストレージ vSphereに最適なストレージである vSAN について、そのアーキテクチャを概説し、パフォーマンス、可用性、拡張性など性能面を中心に vSAN のトレーニングコースより抜粋して解説します。
14:50~15:20 4. 仮想化からSDDCへ サーバ、ストレージ、ネットワークの各要素を仮想化し、全てソフトウェア化して統合すると SDDC (Software-Defined Data Center) となります。SDDC 化すると、IT インフラはどのように変わるのかをご紹介します。
15:20~15:35 休憩
15:35~16:35 5. ネットワーク仮想化/統合管理 ネットワーク仮想化の概要を NSX の ICM コースより抜粋してご紹介します。併せて、仮想化の価値を最大限活かす運用方法を vRealize の各種製品トレーニングコースより抜粋してご紹介します。
16:35~16:55 有償サポート(MCS/BCS)と有償サービス(PSO)の紹介
16:55~17:00 アンケート抽選会

お問い合わせ先

VMware Tech Day 事務局
E-mail:vmware-tech-day@event-web.net